家

情報収集と行動

不動産投資で大切なのは、下準備を済ませてから申し込むことといわれている為、複数のメディアで情報収集を行いましょう。情報収集で納得できる情報を集めたら、信頼できる企業を見つけ、担当者と相談しながら自分の予算で投資してください。

記事リスト

家とお金

中古物件の購入プラン

セミナーで物件選びのノウハウを学んだり、築浅の中古マンションなどを買って高利回りを実現するのが、初心者向きの不動産投資の手法です。入居者が確保しやすいエリアで不動産を購入したうえで、定期的に新しい物件に入れ替えると、運用の安定性も高まるでしょう。

マンション

効率的に運用しよう

投資マンションを買って資産運用をするのであれば、売却時期を大まかに決めておきましょう。但し、その時期になった時に必ず売らなければならないということではありません。再度、その時に保有し続けるか売却するかを検討すればよいのです。

家

誰でもできる不動産投資

不動産投資はマンションを持っていないとできないというイメージがあります。しかし投資型の不動産投資なら誰でも気軽に投資できます。ネット上で評判になっているのが「みんなで大家さん」です。1口100万円から出資できて、複数の物件に分散投資もできます。利回りが7パーセントなのでとても人気があります。

お金

海外投資の業者の選び方

海外不動産投資をする場合、現地の経済情報や将来性について調べる必要があります。投資物件の販売会社とマネジメントをする管理会社を探すことになりますが、日本人投資家との経験がある業者の方が安心です。日本語で対応できますし、日本の商習慣に慣れています。候補物件は実際に現地に飛んで、自分の目で確かめます。

メリットに関して知る

ウーマン

利回りの高さが魅力

海外不動産投資は、とても大きな魅力があるということから多くの人が行っています。海外不動産投資を行っていくということであれば、まずは利点や魅力を知るということがとても大事です。メリットを知ることで、海外不動産投資を行うことで得れる利益の大きさなども分かります。海外不動産投資のメリットには様々なものがあります。具体的には、利回りが高いということや日本資産だけではなく海外に資産を持つことでリスク分散を行うことも出来ます。さらに、経費として計上すれば節税効果もあります。海外不動産投資は、どの国で行っていくのかということなども大事です。人口率から考えて投資を行っていくことも重要です。人口率と空室率には密接な関係性があります。タイのように物価価格が数年で高騰している国も魅力があります。資産価値の上昇も見込めます。どの国で海外不動産投資を行う際にも、日本語が通じる専門サービスがあるということが大事です。現地の法律に基づいて取引されていることから、専門的な知識があるスタッフのサポートが必須です。海外不動産投資を行うなら、現地の不動産マーケットに精通していることも重要です。例えば、アジア新興国への投資は高リスク高リターンだとされています。新興国ならではの成長率と不安定さが大きく影響しています。国内でも、海外不動産投資サービスを提供している不動産会社はあります。そうした不動産会社が提供しているサービスを利用して購入することで安全性も確保することが出来ます。

Copyright© 2018 海外不動産投資を検討【自分に合ったところを選ぶ】 All Rights Reserved.